人生のVacation

大学生のうちにやりたいことを全部やれ!!

外部の院進は難しいのか?専攻を変えたい!経験者が大学院入試を語る。

f:id:k-style2000:20181012122641p:plain

「外部の大学院を目指したいけど、試験は難しいの...?」

「大学4年生で大学院を目指しているから就活もしていないし、大学院に決まらなかったらどうしよう。」

そのような不安を持っている人も多いと思います。

この記事では、外部の大学院を目指す皆さんのために、私が外部大学院受験の際やったことの流れを紹介したいと思います。

【スポンサーリンク】

外部大学院は厳しい道のりか

私が率直に感じたことを言うと、そこまで難しくありません

学部入試と比較してみましょう

  • 学部入試時代の倍率より、院試の倍率のほうがはるかに低い
  • 学部入試と違い、科目が英語(TOEIC)+専門科目と少ない
  • そもそも学部の定員より大学院の定員のほうが多い大学院がある。

と、外部の大学院に進学するのは、学部入試で入るよりもはるかに簡単なのです。

学部入試時代よりも求められること

学部入試よりも簡単である反面、入学に求められることがあります。

それは、本当にその研究室でその研究をしたいという強い希望です。

大学院入試には、絶対に面接があります。

また、出願段階で研究計画書を書かなければならない大学も多くあります。

ただ単にこの大学に進学したい、学歴を上げたい。

そのような気持ちでは大学院に入ったとしても続きません。

ぜひ、自分が本当に進学したい大学院を目指してください!!

専攻を変えてもいいのか

私自身、理学から情報工学へと転向しました。

正直、大学に4年も通っていたら、この分野は向いてないなとか、この分野をやってみたいなとか、思うことが絶対にあります!

早めに気づければ転部や転科、編入学もすることができますが、気づくのが遅かったあなたでも、大学院入試は分野を変えることができる最後のチャンスです!!

習ってない分野も自力で勉強しないといけない分、大変さは増しますが、できないことはないです!!

【スポンサーリンク】

大学院入試、何をするべきか

内部、外部共通ですが、大学院入試の大まかな流れはこんな感じです。

時期 やること 勉強面
3年2月まで 行きたい大学、研究室の候補を考える TOEICの勉強、受験
3年3月~4年4月 大学院の入学説明会に参加する 専門科目の勉強を始める(TOEICはここまでで受け終わっているのが理想)
4年5月 研究室訪問 専門科目の勉強
4年6月 推薦は出願、研究計画書を書く 専門科目の勉強(TOEIC最後のチャンス!)
4年7月 推薦は本番・合格発表、一般は出願 専門科目の勉強
4年8月 一般本番 専門科目の勉強
4年9月 合格発表

早めにしておくべきはTOEIC!!

ここで、早めにしておくべきはTOEIC対策です!!

TOEICは年10回ほど開催されていますが、結果発送までに1か月かかります。

あと単純に、英語はいい点数を取ってさっさと終わらせたほうが専門の勉強時間も増やせます。

この記事を見ている3年生諸君は今のうちに対策を進めるんだ!!

ちなみに私自身は、4年の6月というギリギリを攻めました。笑

専攻変えるなら、学んでない学問も早く取り掛かるべし

専攻を変えるとき、ネックなのは学んでない分野です。

独学は、早めに始めるに限ります。

学内にその分野があれば、その教授に聞きに行くのもありでしょう

外部受験がするべきこと

ここからは内部生との差を埋めるためにすることです。

研究室訪問をする

研究室訪問は必須です

教授は見たこともない学生を入れたがるでしょうか?

研究室訪問をすることで、教授、研究室の雰囲気を知れることだけでなく、入学の意思があるとアピールすることもできます。

過去問を手に入れる

過去問はその大学院の難易度や傾向を図るために重要なアイテムです。

ネット公開、事務室公開、非公開の大まかに3種類ありますが、事務室公開は研究室訪問の際に必ず閲覧、コピーしに行きます。

非公開は、、、研究室の先輩に頼むしかありません。

研究室の先輩はほとんど過去問を持っています。

研究室訪問の際に、つながりを作ることが最も大事です!!

過去問があるのとないのではだいぶ違います!!

人としゃべるのが苦手でも、大学院デビューの一歩だと思って積極的に行ってください!!

研究計画書の添削

研究計画書。書いたことがない人が多いと思います。

いろいろ調べてみれば出てきますが、要するに大学で研究したいことをまとめなければいけません。

自分で一生懸命に書いたつもりでも、所詮大学4年生の実力なので、教授や研究室の先輩に添削してもらいましょう。

研究計画書は面接で扱われる重要な資料です。おろそかにしないように。

私は3週間かけて仕上げました。

ちょっとした罠

出願がとても面倒だったり時間がかかったりします。

証明写真、返信用封筒、成績証明書など

余裕をもって準備することを強く勧めます!!

まとめ

いかがだったでしょうか。

外部大学院入試は、計画をしっかり立てて実行できれば、希望の大学院に入学できます!!

まずは行きたいところを調べるとこから。

頑張っていきましょう。

【スポンサーリンク】